トマトジュースの1日の摂取量はどのくらいが適量?まとめてみた。

こんにちは!トマティーナです。

本日も、トマトの名産地会津の南郷から、トマトに関する情報を

まとめてお届けしています!

トマトジュースの1日の摂取量はどのくらいが適量?まとめてみた。

みなさま、トマトジュースは飲んでいますでしょうか??

それぞれ、様々な理由があると思います。

「ダイエットのために飲んでいます。」

「美容のために飲んでします。」

「健康のために飲んでいます。」などなど、

人それぞれです。

トマトジュース健康にいいのはわかるけど。。。

健康に良いのは漠然としてわかるけれど一体どのくらい飲めば良いのでしょうか?

あくまで、トマトジュースは食料品なので、

薬のように少し摂取すれば効果テキめん!!という訳にはいきません。

かと言って、

一回で1L摂取しないと効果ありません。。っていうのも続きませんよね。

美味しく、楽しく、無理なく、最低限の効果を獲得した状態で続けるためには一体どのくらいの量を摂取する必要があるのでしょうか?

トマトジュースはどのくらいの量を摂取するのが最適?

ということで、色々な記事やブログを読んでみて、どのくらいの量を摂取しているのかまとめてみました。

まずは手前味噌ですが、当ブログのダイエット批評企画の内容をみていきます。

トマトジュースでダイエットしているブログの場合

トマトでダイエットしているブログを勝手に批評してみた(2)

こちらのダイエットの場合、量を正確には書いていませんが、

「コップ一杯」「朝夕食前」と書いていますので、

大体、コップ一杯を200mlとして1日に2回摂取していることになります。

要するに、1日400mlを摂取していることになります!

1日400mlでダイエット効果を得られるということですね!

他のブログもみていきます。

トマトジュースで血圧を下げるブログの場合

【トマトジュースで血圧下げチャレンジ】

2ヶ月で

最高血圧-19

最低血圧-18

も血圧を下げた際の摂取量をみていきます。

1日の摂取量は

200ml!

先ほどのダイエットの半分ですね。

摂取方法は詳細に書かれていませんので、詳しくはわかりませんが、

それでも、かなり下げることができていますね!

美容のためのトマトジュースの場合

トマトジュースは美容に効果あり? 効果的な飲み方や注意すべき点も解説!

では、ブログではないので結果は記載されていないものの。

リコピンの1日の摂取目安量は15〜20mg。トマトジュースなら約1本弱(160g)飲めば、目安量に達します。

主な、カロテノイドなど抗酸化作用のあるものの摂取量から割り出しものだと考えられます。

こちらでは、トマトジュースの摂取量は

160gおよそ160mlですね!

ただ、こちらの記事でも書かれているように、

やはり、効率的に摂取するために油との摂取は欠かせません。当ブログでも以下の記事にまとめてありますので是非一読ください。

トマトに含まれるリコピンはオリーブオイルと相性が良い!?さらに、ニンニクと玉ねぎでさらに吸収率がアップ!!

トマトジュースにオリーブオイルが最善なのか?他のオイルについてまとめてみた。 

トマトジュースの毎日摂取してみよう!

ということで、

南郷まるっとまとSHOPの南郷トマトを100%使用した「夏秋(かしゅう)」のトマトジュースを

摂取した場合の1日のコストを考えてみます。
自社ショップ
こちらから1日、200mlを摂取して、さらに

こちらの小分けオリーブオイルを一個摂取!

 

 

「夏秋(かしゅう)」が

・360円/200ml

オリーブオイル

・54円/一個

つまり、合計 414円/1日になります!

無添加無塩の美味しいトマトジュースと組み合わせて、毎日の健康のために飲んでみてはいかがでしょうか?

トマトまとめ

トマトジュースは200ml/1日以上摂取したほうがいいでしょう!

 

お付き合いいただきありがとうございました!
専門に研修している人間ではないので多少の間違いなどがあるかもしれません。
その時は是非、コメント欄に記入していただければ幸いです。
また、こんなの知りたい!など、トマトに関することや健康に関することであればご質問も受け付けています〜!
よろしくお願いします!

南郷まるっとまとSHOPの南郷トマトを100%使用した「夏秋(かしゅう)」の美味しいトマトジュースはいかがでしょうか??
こちらのトマトジュースは塩不使用の完全純粋なトマトジュースになります!

販売店

自社ショップ

SNS

いいねもお願いしまーす!

SYOKUNOUKEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする