トマトの日焼け止め効果についてまとめてみた

こんにちは!トマティーナです。

本日も、トマトの名産地

会津の南郷から、トマトに関する情報を

まとめてお届けしています!

トマトよろしくお願います!

トマトの日焼け止め効果についてまとめてみた

実は5月に入ると紫外線の量は夏並みになっていることはご存知でしょうか?確かに、GWが明ける頃から徐々に気温が夏日を超える日数も増えているように感じますよね!

ちょっとお買い物に出かけるときや、家の窓際でくつろいだりする際にうっかり日焼けをしてしまうこともあります。

日焼けはお肌の天敵です。

今回は、トマトを食事に取り入れることによって内側から日焼け止め対策を取っていこう!

というつもりでまとめています。

トマトの日焼け止め効果についての研究内容

今回の内容は、イギリスにあるニューカッスル大学の皮膚科学教授、マーク・バーチ・マチン教授とマンチェスター大学の皮膚科医であるレスリー・ローズ教授の研究結果によるものです。

その内容はなんと、

トマトを食べると、3割も日焼けが少なくなる効果が得られる!!日焼けや太陽による肌の老化から肌を守ることができる!!

という結果が得られました。

研究内容

研究者たちは20人の肌を比較し、そのうちの半数は毎日大さじ5杯(55g)の標準的なトマトペーストと10gのオリーブオイルを与えられ、残りの半数はオリーブオイルだけを与えられ、12週間の期間で比較しました。

試験の開始時と終了時には、紫外線(太陽光に自然に含まれる紫外線)を肌に照射しました。

結果

チームは、トマトペーストを食べていたグループの紫外線から肌を保護する能力の大幅な改善を発見しました。

レスリー・ローズ教授は、「トマトを食べたことで、皮膚のプロコラーゲンのレベルが大幅に向上した」と述べています。

これらのレベルの増加は、皮膚の日焼けの大幅な減少に加えて老化プロセスの潜在的な逆転を示唆するほどでした。

特に、摂取した量に関しては

摂取したトマトは大量ではありませんでした。トマトベースの食事をたくさん食べていれば、簡単に管理できるような量でした。

と述べられています。これは、嬉しい情報ですね!少量を一定期間食べ続けることで効果が得られるようです。

また、このようにも述べています。

トマトが日焼け止めクリームの代わりになると考えるべきではありませんが、良いお肌への助けになります。もし、あなたの食生活を通じた保護を改善することができれば、数年後には大きな効果があるかもしれません。

トマトで完璧に日差しを防御することはできませんが、日焼け止めクリームの助けになるようです。

紫外線の有害な影響の多くは、皮膚の重要な構造にダメージを与える「活性酸素」として知られる有害な分子が過剰に生成されることによるものです。

紫外線による日焼けのダメージには、早発性のシワや皮膚ガンがリスクが含まれます。

そこで、トマトの主な美肌効果は「リコピン」と呼ばれる強力な抗酸化物質であり、有害な分子を中和したり「鎮めたり」する働きがあります。

リコピンは、調理したトマトに多く含まれています。

また今回の研究ではトマトペーストを使用していました。

これがとても重要で、調理したトマトが多く含まれているため、リコピンの理想的な摂取源となっています。

 

ペーストを食べていたグループは、皮膚がんにつながる日焼けに対する保護が 33 % 以上も上昇したことがで判明しました。

 

つまり、トマトペーストによって提供される保護は、太陽保護係数(SPF)1.3の日焼け止めと同等であるということです!

 

少しだけ、日焼け止めクリームの節約にも繋がるかもしれませんね!

 

一方、ニューカッスル大学の共同研究者は、リコピンも肌の老化とリンクされていると考えられている皮膚のミトコンドリアの DNA へのダメージを減少させていたことを発見しました。

ニューカッスル大学の皮膚科学者であるマーク・バーチ・マチン教授は、

トマトを食べれば太陽の下で無敵になるわけではないが、日焼け止め、日陰、衣類と一緒に日焼け対策にも役立つかもしれない。トマトを食べることでミトコンドリアへの保護効果が期待できます。ミトコンドリアは皮膚を含む私たちのすべての体細胞のエネルギー生産してくれています。とても重要です。そのため、ミトコンドリアに優しくすることは、肌の健康に貢献する可能性が高く、その結果、アンチエイジング効果が期待できます。 出典:ニューカッスル大学 ニューカッスル大学

と述べています。

トマトへの日焼け止め効果の期待感が高まる内容の記事ですね!

リコピンについて

リコピンを効率よく摂取するための加熱や冷凍の調理方法の記事はこちらです↓↓↓

トマトのリコピンの吸収率をあげるためには?

 

リコピンと相性が良い食べ物と料理についての記事はこちらです↓↓↓

トマトに含まれるリコピンはオリーブオイルと相性が良い!?さらに、ニンニクと玉ねぎでさらに吸収率がアップ!!

 

リコピンを摂取するベストなタイミングについての記事はこちらです↓↓↓

トマトのリコピンを摂取するならいつ?「朝」ということが判明

トマトまとめ

トマトに含まれるリコピンの成分は一定量を摂取すると太陽保護係数(SPF)1.3の日焼け止めと同等である!

以上です!

もっともっとトマトを知って、トマトを効率的に摂取していきましょう♪

お付き合いいただきありがとうございました!
専門に研修している人間ではないので多少の間違いなどがあるかもしれません。
その時は是非、コメント欄に記入していただければ幸いです。

また、こんなの知りたい!など、トマトに関することや健康に関することであればご質問も受け付けています〜!
よろしくお願いします!

トマティーナは食農価値想像研究舎さんの

南郷トマトを100%使用した「夏秋(かしゅう)」のトマトジュースをオススメしています♪

販売店

自社ショップ↓
自社ショップ
楽天↓

SNS

いいねもお願いしまーす!

SYOKUNOUKEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする