南会津の「若者定住応援プログラム交付金事業」について

こんにちは、トマティーナです。

今回は、南会津で行なっているIターン者とUターン者に向けた交付金についてまとめてみました。

田舎暮らし」への一歩を踏み出すために、出来るだけハードルは低い方が良いです。

南会津町ではこのような受け皿を準備していたのか!!

と驚くような交付金がたくさんありました。

是非、一読お願いします〜!

南会津の「若者定住応援プログラム交付金事業」について

対象地域


南会津町」・・・南会津町は、平成18年3月20日に田島町・舘岩村・伊南村・南郷村の 1町3村が合併して誕生した町です。

対象者

(1) 新規学卒者
 町内出身者かつ40歳未満の方で、新規に中学、高校、大学等を卒業した日から2年以内に正社員として就職した方

(2) Uターン者
町外に転出し、再び町に転入した40歳未満の方で、転入の日から(平成26年3月1日以降の転入に限ります。)2年以内に正社員として就職した方

(3) Iターン者
 本町を出身とせず、町に転入した(平成26年3月1日以降の転入に限ります。)40歳未満の方で、転入の日から2年以内に正社員として就職した方

多くの人が当てはまる可能性はありますね!ただ、正社員という縛りが若干気になります。

派遣の方や、移住に向いているフリーランスエンジニアやデザイナーの方もたくさんいらっしゃいますので、この一文は少し勿体ない気がしてます。。

一度、町に確認してみる必要がありそうですね!

応援プログラム

(1) 定住促進支援交付金
 対象者で雇用期間が3か月を経過した方に、1人1回限り、10万円の生活支援を行います。
夫婦で定住の場合は、30万円の生活支援を行います。
(商品券と現金を半額ずつ交付します。)

(2) 定住住宅費支援交付金
 上記の該当者で、借家等に入居している方に、賃貸料の2分の1を1年間支援します。
(月額2万円限度です。)

(3) 人材育成交付金
 上記の該当者を雇用した町内事業所に1人あたり10万円を人材育成費として交付します。

賃料の2分の1を一年間補助してくれるのは助かりますね!

南会津で家賃4万円の物件といったら結構立派な所に住めますからね〜アツいですね!

特に気になったのは(3)の1人あたり10万円の人材育成費です。

南会津ではまだありませんが、エンジニアの育成期間の費用として当てることができれば、2〜3ヶ月後には簡単なコーディングやサイト作成、デバックやテストの業務を受託することは可能になると思います。

移住で、健やかな暮らしをゲットして、さらにスキルまで身に付けることができれば多くの需要に合致することができるかもしれませんね!

前回紹介した記事トマトでダイエットしているブログを勝手に批評してみた(3)

より

南郷トマトの栽培に合わせて、エンジニアのスキルを身に付けることができれば、デスクワークと肉体労働で良いバランスになるかもしれません。

例えば、2人のエンジニアで1棟のトマトハウスを営むようなバランスであれば、どちらの仕事をこなすのも不可能ではないと思います。

周期性の高い仕事と通年を通した仕事を組み合わせることができれば、金銭面の不安や健康面の不安も取り除けるかもしれませんね!

まとめ

南会津の応援プログラムを活用して新しい田舎ビジネスを画策することができるかも!?

以上です!

 

お付き合いいただきありがとうございました!
専門に研修している人間ではないので多少の間違いなどがあるかもしれません。
その時は是非、コメント欄に記入していただければ幸いです。

また、こんなの知りたい!など、トマトに関することや健康に関することであればご質問も受け付けています〜!
よろしくお願いします!

食農価値創造研究舎の南郷トマトを100%使用した「夏秋(かしゅう)」の美味しいトマトジュースはいかがでしょうか??
こちらのトマトジュースは塩不使用の完全純粋なトマトジュースになります!

販売店

自社ショップ↓
自社ショップ

SNS

いいねもお願いしまーす!

SYOKUNOUKEN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする